Angel at the Dump

Director : UMMMI.
Cast : Sac / Hisako Fukuda
Music : le petit terezes’s
4min, 2012

※ Screening
Hors Pistes Tokyo 2013 at UPLINK

Description
I made this video because my grandmother had erotomania. Erotomania is a type of schizophrenia where the sufferer can’t distinguish between real life and one’s own imagination life. One day my grandma suddenly said, ”I had someone I truly loved when I was young and he is looking for me to pick me up” The next day, she started riding a taxi for few hours trying to find him. When my mum told me this story, I was surprised and started to think about my grandmother’s past. No one knows if my grandmother’s true love exists or not. Long before my grandmother started her search she decided to get married to my grandfather, which is how I came to be.

At the same time as my grandmother I was also on a search. I was looking for angels. My interest in angels started when I discovered Paul Klee’s Angel Drowning series. This series had a profound effect on me. Within the same week my friend took me to a Walter Benjamin lecture where they discussed his angel theories. It was synchronicity. My grandmother and I were both searching for something, something that no one knew existed or not.
 

作品についてのテクスト
この作品は、祖母が恋愛妄想にかかったことが契機となり制作した映像である。
恋愛妄想とは統合失調症の一種であり、現実と妄想の世界の区別がつかなくなる病気だと言う。
私の祖母の場合は、ある日いきなりこう言い始めた。「私には本当に愛した男がいて、その男が私を迎えに来てくれているから探さなければいけない」そして彼女は、タクシーを何時間も乗り回してその男を狂ったように探した。その話を親から聞いたとき私は少なからず衝撃を受け、祖母の過去について思いを馳せてみた。祖母の言うところの「本当に愛した男」がこの世に実在するかしないかは彼女自身しか分からない。
しかし、彼女がその男と結ばれなかったために私がこの世に存在しているということも
事実であるのだ。

そうして祖母が恋愛妄想にかかり男を探し彷徨っているとき、私はある一つのシンクロニシティを体験していた。
そのシンクロニシティとは、いたるところで天使を無意識的に探していたのである。
例えばパウル・クレーの天使のドローイングに夢中になってみたり、
ベンヤミンに関する講演会で天使の話を聞くなどいう具合である。
それはまるで私の祖母が実在するかも分からない「本当に愛した男」を探しているような姿勢で、
実在するかも分からない、しかしどこかで確実に存在するだろうと信じてやまない天使を私は探していたのである。