House of Psychic

Director : UMMMI.
Cast : Lauren Lavercombe / Madeleine Stack
Two screen Loop Video Installation, 2014
■ Screening
Shibuculmatsuri2014 at SHIBUYA PARCO MUSEUM

Description
Whilst staying for 3 months in New York City in 2014,
I noticed that the city had a unique presence of psychic stores.
Seeing their signs on the streets reminded me of how my mother used to sell power stones,
herbs and spiritual material in Tokyo.
My mother became interested in psychic spirituality after she went through a hard situation,
she became engrossed in its power.

When I told this story to my friend Lauren who lives in New York,
she was surprised and told me she had just been to psychic therapy to try to get a bad romance off her mind.
We started to talk about love which we lost and the possibilities of new love.
Sometimes you have to rely on things you can’t see in life, like the power of the psychic.

This video is about the tension between real and illusionary life,
irremediable sadness and women dealing with difficulty.
The actress in the film is Lauren mixed with her interoperation of my mother’s story.

作品についてのテクスト
2014年の始めあたりから数ヶ月間ニューヨークに滞在していたとき、
街中に溢れる”
PSYCHIC”のお店の看板を見て、
自分の母がパワーストーンやハーブなどを売る少し怪しげなお店を営んでいたことをふと思い出した。
それは母にとっていくつかの辛い出来事があったあとで、
彼女はそういったスピリチュアル的なものに大きく興味を示していたように思う。
ニューヨークでばったり再会したオーストラリア人のローランにこの話をすると、
彼女は驚いたように言った。
「実は今年の
2月に、縁を切りたくても切れない昔の恋人との
関係を終えるためサイキックセラピーに行ったの。」
そして私たちは、失ってしまったかつての愛とはじまるべき新しい愛、
サイキックという目に見えない呪術的なものに頼らざるおえない心理状況について語りあった。

この作品は、現実と空想、取り返しのつかない悲しみ、
乗り越えるべきものにどんな力を使ってでも立ち向かっていこうとする女性についてを元にして作られた。
主な役者として、サイキックセラピーへ行ったばかりのローラン自身に演じてもらい、
私の母の実話というパーソナルな出来事を織り交ぜるようにして作られた映像インスタレーションとなっている。