Pains of Forever  邦題: 永遠に関する悩み

Director : UMMMI.
Cast : JC Lehuby / Jennifer Lehuby
8min, 2015
Sound by Cured Pink
Translated by Daniel Gonzalez
■ Screening
MEC Award 2016, Sai-no-kuni Visual Plaza, Visual Museum
Image forum Festival Young Perspective Selection 2016, Image Forum

Description
This work takes the form of a private home video, left unseen, which probes the relationship between love and suicide. Hinging upon Goethe’s seminal novel, The Sorrows of Young Werther, my monologue speaks of the events that transpired between my parents on their slow dance toward destruction. This monologue unfolds quietly over footage filmed mere months ago -- intimate footage of my lover’s elder sister with her husband, footage I had intended to show my parents. Communication can be painfully, heart-wrenchingly difficult, especially with those we love. When will our life end? When will our love end? Adrift on a sea of the unknown in an age of stillness rocked by chaos simultaneous and scattered, perhaps the only response is to pause in place, and stand allied with those unable to fulfill their love and life. To cope is to quietly confront the “impossibility of communication.”

 

作品についてのテクスト
この作品は、愛と自殺の関係性を探る、誰にも観られることのなかったホームヴィデオ、という形式で制作されている。ゲーテ『若きウェルテルの悩み』を軸にして語られる、私の両親に起こった出来事、そして彼らがゆったりと崩壊に近づいていく様子が、モノローグとして流れる。 そのモノローグが数ヶ月前に撮影した恋人の姉とその夫のホームヴィデオ(私の両親に見せる予定だったもの)に乗って、静かに語られる。人、とりわけ愛している人とコミュニケーションをとることはひどく困難だ。そして、人生はいつ終わるかわからない。愛もいつ終わるかわからない。あらゆることが同時多発的に起こっている中で、とりあえず一度立ち止まり、人とうまく関われないでいる人や、愛、そして人生といったものを全うできない人の味方に立ってみようという、『コミュニケーションの不可能性』への静かな応対。